ヨガで健康美人になる

ヨガは本来インドで考案された瞑想方法であり、精神修行の一種なのですが、現代ではポーズや呼吸法の持つ健康効果やダイエット効果に注目が集まり、世界中で行う人々が増えています。

紀元前4000年から2000年ごろのインドで生まれたヨガの最も古い経典によると、ヨガとは心の動きを抑止することであるとされています。また、1000年ごろには現代に知られているようなポーズや呼吸法が生み出され、肉体と精神の体連によって神や宇宙に結びつく修行法として確立されました。

ヨガはゆったりとした深い呼吸法と、じっくりと静止して行われる様々なポーズが特徴です。現代社会では、人々は様々なストレスにさらされ、時間に追われて忙しく生活しています。また、リズムの崩れた生活習慣や不規則な食生活が、自律神経やホルモンのバランスを崩す原因となって疲れのとれにくい体を作ってしまったり、心を休める時間をもつことができずにストレスをためやすい体を作ってしまいます。

ストレスにさらされて交感神経の活動が活発になると、呼吸は浅く速くなり、体に力が入ってしまいます。このような緊張状態を長く続けてしまうことで、心と体のバランスを崩してしまうことも。

ヨガの深くゆったりとした呼吸と、体の軸を鍛えるポーズによって自分の体と心にじっくりと向き合うことで、このような緊張状態を解消することができます。また、普段はあまり使われていない筋肉を鍛えることで、均整のとれた健康的な体作りを実現することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *