ヨガウェアの機能性を考える

ヨガをはじめてする時、動きやすい格好で着てくださいと必ず言われます。

しかし、本当にはじめてヨガをする人にとってはどのような格好が動きやすいのかがわかりません。

最初は専用のヨガウェアではなく部屋着のようなものやTシャツとスパッツというような格好が多いと言われます。

しかしヨガウェアはヨガをすることを想定して作られているので、専用のものを着てヨガをしてみるとかなり違いがわかります。

立った時のポーズや座った時のポーズ・逆転など様々なポーズを行なっても全く動きの邪魔にならないように計算し尽くされています。

ヨガで行う前屈のポーズをするときに下着が見えそうになるような長さの上着を着ていると落ち着きません。

ヨガウェアは全くこれらが気にならないように細かいところまでこだわっています。ヨガの流派によるとウェアを選ぶスタイルも異なって着ます。

逆転のポーズがたくさんはいるヨガの練習であれば、ゆったりとしたヨガパンツであればめくれてしまう可能性もありますしジャストサイズであれば窮屈に感じたり体のラインが強調されてしまったりする可能性もあります。

ホットヨガの場合はたくさん汗を掻くので全く違うウェアが求められるかもしれません。

例えば、水分が蒸発しやすい素材で軽くて下着が透けにくいものが理想的です。機能性の高いウェアがたくさん売られていますのでそこから選択してみるのも良いかもしれません。

一番の理想は機能性やファッション性のバランスが取れていて、着る人にとっても楽しく気分が上がるウェアがベストと言われています。

最近のウェアは日常にきてもあまり違いがないようなデザインのものも多く、色々な場面で着ることも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *