動きやすいヨガウェアとは

ヨガを始める時、多くのスタジオでは「動きやすい恰好で」と言われることが多いでしょう。

スポーツに適した格好であれば問題ないように考える方もいらっしゃると思いますが、ヨガウェアとして適した服装というのはどのようなものなのでしょうか。選ぶ時に気を付けたいこととおすすめの服装をご紹介します。ヨガは激しい動きがないような印象を持っている方もいらっしゃるでしょう。動かずにポーズをキープすることが多いため、動きは少ないように考えられるものですが、ポーズをとるのに大きな動きを伴うこともあります。

大きな動きをする場合は生地の伸縮性が必要になります。伸びのない記事では動きが制限されてしまうからです。また、汗をかくことも多いため吸水性が良く速乾性のあるものの方が快適に過ごすことができます。ヨガウェアを選ぶ時は伸縮性、吸水性のある生地の服の中から胸元のが開いてしまいことや、裾がめくれてお腹が見えることのないような服を選ぶことも大切です。自分では気が付きにくいですが動いたときに見えてしまうことは多いものです。

気になって集中できないと、ヨガで大切な呼吸に意識がいかなくなってしまうこともあります。ヨガウェアの上着にはカップ付きのキャミソールやタンクトップなどが適度なフィット感があるので良いでしょう。裾部分に紐やゴムで絞りがある服もおすすめです。ボトムスはレギンスがおすすめです。足を開くときなどに適度に密着しながらも伸びがあり動きの邪魔になりません。体の線が見えてしまって気になるという方はサルエルパンツであれば動きやすく体型をカバーしてくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *