避けたほうがよいヨガウェア

ヨガのレッスンを申込むときには、動きやすい恰好で来るようにいわれますが、初心者にとって動きやすい恰好がわかりません。

スポーツウェアやジャージなど動きやすい格好ならなんでもよいということではありません。ヨガウェアを選ぶときには、ゆるい服装ではシルエットが邪魔になってしまうので選ぶときには注意が必要です。ヨガは、深い呼吸を繰り返しながら動いて体と心の両方の調子を整えていきます。ヨガウェアを選ぶときには体にとっても、心にとっても着心地の良さは重要です。フィット感がきついものやサイズが小さいものなどは、動きに制限が出てしまいますし、正しい呼吸もできないため着用しないようにします。

着用していて素材が不快に感じるものは、ポーズに集中できなくなってしまうので、避けるようにします。実際に触れたり試着をして、肌触りや着心地がよいヨガウェアを選ぶとポーズや動きに集中して、ヨガを楽しむことができます。ヨガはリラックス度が高いという特徴がありますが、激し動きを行います。前かがみになる姿勢や頭を下向きにするポーズを取るため、胸元が開いてしまって胸が見えてしまうトップスやトップスの裾がめくってしまうお腹が見えてしまうトップスは、ポーズに集中できないため避けるようにします。

ヨガは脚を前後や左右に開くポーズがたくさんあります。ポーズによっては脚を高くあげたりするポーズもあるため、スカートタイプや脚が開きにくいもの、伸縮性のないものなどのボトムは避けるようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *