ヨガの種類や特徴に合わせたヨガウェア選び

ヨガにはたくさんの種類があります。

常温で行うものや高温多湿のスタジオで行うホットヨガ、天井から吊り下げられた布を使って行う空中ヨガ、浮力のあるサーフボードを使い水の上で行うサップヨガなどです。ヨガの運動量や種類によって最適なヨガウェアも変わってきます。まず常温で行うヨガは運動量によって服装を調節します。呼吸や瞑想に重点をおいたリラックス系のヨガには締め付けが少ないヨガウェアがおすすめです。

ストレッチ性の高いヨガには上下ともに伸縮性のある素材を選びます。ダイナミックなポーズをしても服装が乱れないよう適度に体にフィットするヨガウェアだと安心ですね。パワーヨガは運動量も多く、汗をたくさんかきます。伸縮性があって吸汗性が高く、すぐに乾くヨガウェアを準備しましょう。ホットヨガは高温多湿のスタジオで行うので大量の汗をかきます。吸水性や通気性の高いタンクトップやショートパンツ、レギンスなどが適しています。またヨガの種類によって身に付けることが禁止されている色がある場合もあります。

参加するレッスンのルールを事前に確認しておきましょう。空中ヨガは常に布と体が接している状態が続きます。ゆったりした服装は布との摩擦で動きにくくなります。上下ともに体にきちんとフィットしたものを身に付けます。ノースリーブや丈の短い服装は摩擦で体がこすれて怪我をする恐れがあるので脇の下まで長さのあるものや膝の後ろがカバーできるものがおすすめです。また布を傷つけないようジッパーやボタンなどの装飾がついていないものを選びましょう。

サップヨガは水上で行います。濡れることを考えて水陸両用のヨガウェアを用意します。屋外で行うこともあるのでUVカット効果があると安心です。ヨガの種類によって適した服装が変わってきますので、レッスンに合わせてしっかり準備しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *