女性がヨガウェアを選ぶ注意点

初心者などはヨガを行う場合動きやすい格好でと説明がある場合がありますが、ヨガウェアの場合動きやすさだけでは快適に使用することに無理があります。

ポイントとしてヨガは裸で行うことを前提にされている為ジッパーや金具やフード付きのものやフリルやリボン等の飾りが付いているものは邪魔になりますし、一般的なブラジャーは動作でずれたりすることもあるのでまずつけないことが挙げられ、その代わりにスポーツブラやカップ付きのトップスがよく、屈んでも見えないような胸が空いていないつくりのものがヨガウェアにあっています。またヨガは汗をかきやすいので吸水性が良いものである事も重要となります。

上下ともに適度に伸縮性があり体にしっかりフィットする素材のものがヨガウェアには適しています。ボトムズならばレギンスなどが良いですが、ぴったりしすぎて身体の線が出るのが気になる場合は上にスカートを重ね履きをしてカバーしたり、サルエルパンツを履くのも有効です。体全体をしっかりカバーするオールインワンタイプのウェアにすれば値段が高くなるもののヨガで激しい動きをしても背中やお腹が出てしまうことが絶対ないというメリットがあります。

またヨガは通常のものかだけではなく、ホットヨガや吊り下げられた布を使って行う空中ヨガや海やプールなどの水上のボートの上で行うサップヨガや妊婦向けのマタニティヨガなど種類があるのでそのヨガにあったウェアが求められることもあるので注意しなければいけません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *