手持ちのアイテムをヨガウェアの代わりに使うには

本格的にヨガを行う場合、ヨガウェアを揃えるのは当然と言えるでしょう。

しかし体験レッスンなどを受けるだけならば、ヨガウェアを揃える必要はないでしょう。そんな時には手持ちのカジュアルなウェアや、スポーツウェアを活用すれば十分です。ただし、どんなウェアでもヨガウェアの代わりになるとは限りません。そこで、きちんと代わりとして使えるウェアを手持ちのアイテムの中から見つける事が大切です。カジュアルなウェアに多く見られるのが、フードの付いたデザインです。

ヨガを行う場合、フードは顔や首にあたるだけでなく、下を向くポーズを取る際には頭にかかってポーズに集中出来ません。その為、フードの付いたデザインのものは避けましょう。フードだけでなく金具やジッパーの付いたデザインのものも、避けるべきでしょう。何故ならポーズによっては金具やジッパーが、顔や体にあたる可能性があるからです。特に硬い金具やジッパーの場合、ケガの原因にもなりかねません。リボンやフリルといったデザインも、ヨガを行う場合には不要です。

ポーズを取る際にヨガマットの下に挟まってしまったり、体と体の間にリボンやフリルが挟まる可能性があるからです。こうした場合も、やはりポーズに集中するのが難しくなってしまうので、出来るだけ装飾品のないウェアを手持ちのアイテムの中から選ぶようにしましょう。ヨガのポーズには色々な種類があるので、どのポーズも快適に行えるようなシンプルなデザインが一番です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *