バイアグラは過去の薬?

最近は色々なEDの薬が出て来ていて、バイアグラはもう古いと聞いたりしますがそんなことはありません。どの薬でも個人差で効き目が変わってきますので相変わらずバイアグラが1番効くという人も多数いらっしゃいます。

バイアグラと併用できない薬

なんらかの病気である場合を除き、バイアグラだけを服用した場合、用量を守れば命にかかわることはありません。他の薬と併用しても、ほとんどの薬は問題ありません。ただし、ニトログリセリン系の薬と塩酸アミオダロンは話が別です。
ニトログリセリンは狭心症や心筋梗塞に使われる薬です。効果は血管を広げて血流を促すというもので、バイアグラと同じものです。つまり、ニトログリセリンと併用すると薬の効果が強くなりすぎ血圧が下がり過ぎるというリスクがあるのです。
塩酸アミオダロンは抗不整脈薬に使われていて、心臓の鼓動の乱れを整えてくれます。しかし、バイアグラと併用すると鼓動を乱す可能性があります。塩酸アミオダロンは服用後も体に長く残るので、服用を止めていてもバイアグラを使用する際は医師と相談したほうがよいでしょう。
他の薬については、命の危険という点では安全です。しかし、ED治療薬の効果を奪う可能性のある薬があります。スルピリドが使われた鬱病治療薬には、性欲や勃起力が低下する作用があるのでバイアグラが効きにくくなります。勃起力の低下という点では高血圧系の薬もそうです。これらの薬を飲むとバイアグラを飲む意味が無くなるので併用は避けたほうがよいでしょう。
なお、バイアグラは器質性のEDの薬です。緊張して勃起しないなどの心因性のEDには効果がありません。
バイアグラは血管を広げる薬ですが、効果はペニスに対してだけではありません。服用方法を正しく守らないと、急激に血圧が低下して狭心症の症状が引き起こされる場合があります。また、大量に飲むと心臓や内臓に大きなダメージを与える可能性があります。実際に心臓発作で亡くなった人もいます。最悪の場合、命を落とすこともありえるので、注意書きは必ず守らなければなりません。
当たり前ですが、他のED治療薬との併用も避けてください。用量を守らないのに等しい行為です。